明日の千葉を見つめて
活動日記
一般質問2日目
11/03/03

 本日は、6名の議員が一般質問を行いました。我が会派からは、今期で引退される中野議員が登壇しました。中野議員は、元々警察官で市の職員も経験しており、その広い行政経験の中で、私の知らなかった千葉市の四方山話を質問の中で語って頂き、非常に勉強になりました。引退後も是非ご指導を賜りたいと思います。
 登壇した議員の質問項目は以下の通りです。

福谷 章子 議員(市民ネットワーク・無所属の会)
 1 子どもにやさしいまちづくりについて
 2 市民自治の推進について

中野 弘 議員(自由民主党千葉市議会議員団)
 1 千葉市経済の活性化について
 2 地球温暖化について
 3 計画策定における蘇我地区のまちづくりについて

山本 直史 議員(新政ちば)
 1 生活保護について
 2 焼却ごみ3分の1削減について
 3 防災用施設のカギの管理について
 4 両市立病院について

野本 信正 議員(日本共産党千葉市議会議員団)
 1 モノレール事業の現状と今後について
 2 年末年始の千葉市中心部について
 3 学校適正配置における大規模校桜木小学校の対策について
 4 水道の未給水地域への拡張について
 5 高齢者の住みやすいまちづくりについて

小田 求 議員(無所属)
 1 ごみ削減について
 2 病院で入院している子供に対する教育とボランティアについて
 3 公共施設における市民の利用と予約について
 4 ボランティア活動をしている文化団体・芸術家への支援について
 5 サブカルチャーによる経済振興について

田沼 隆志 議員(無所属)
 1 行政改革について
  (1)指定管理者制度について
  (2)行政改革推進プランについて
 2 教育問題について
  (1)学級崩壊について
  (2)教科書採択について
 3 青少年健全育成について

 また、15時の休憩時に議会運営委員会が開かれました。
 通常、継続審査の場合は本会議において簡易採決で諮られますが、議案88号に限って起立採決にすべきだという意見が出て、議論となりました。結局、可否同数の委員長裁決で通常通り簡易採決と決しました。
  「明確な基準を設けず、徒に採決方法を変えることは今後に禍根を残すことになる」というのが私の基本的な考えです。