明日の千葉を見つめて
活動日記
市長主催の懇親会
11/03/07

 本日は、市長主催の懇親会がホテルオークラ千葉で開催されました。
 この懇親会の開催については、昨年の経験上、我が会派では選挙が終わった後に歓送迎会的な感じで取り行うべきと市長公室に申し入れましたが、他会派からやった方がいいと要望が強く、通常では最終日の終了後に行われていたものを、閉会後別の日に設定ということで、本日開催される運びとなりました。
 この懇親会は、退職される局部長と一堂に会して話すことができますし、辞められるということで、これまでオフレコになっていたようなことや職員の本音なども結構聞けるので、非常に有意義な会だと思っております。

 実は、この懇親会の前に、継続審査となっている議案88号について、当局と意見交換を行っておりまして、その席で、私は「今の市役所には千葉市に対する愛が足りない!」と大炎上しましたので、その意見交換会に参加していた職員の多くが私のところに来ては、「千葉市への愛は自負していたのでショックでしたが、議員のおっしゃる通りかもしれません」と口々に語っておりました。どうしても職員は組織の防衛を本能的に図る嫌いがあり、「文句を言われないように」ということに捉われしまいがちです。やはり市民を幸せにするにはそのような自己防衛本能を排除し、ミッションオリエンテッド(目的志向)の発想を常に持つようにしなければなりません。

 今後も啓発活動に努め、ミッションオリエンテッドのちばラブ職員を増やしていきたいと思います。