明日の千葉を見つめて
活動日記
幹事長会議
11/03/09

 本日は、市長が臨時議会を開きたいということで、議長から各会派の考え方を聞くために、急遽幹事長会議が招集されました。

 基本的に議会の招集権は市長に附されておりますので、市長が開きたいと言うならば、我々が拒否する理由はありませんと述べました。
 ただ何のために開くかということはきっちりと整理をしなければなりません。市長は、基本的に今後は専決処分しない方針だと伺いましたが、そうすると今後は必ず臨時議会を開くという解釈なるのか、どういう基準で専決するしないを決めるのか、こういったことを議論しなければならないと思います。

 私は以前より、議会の招集権を議長に付与すべきと主張しており、それができないならば、議会を通年開催とし、議決や審議のスピードアップを図るべきと議会改革でも提案してきました。

 そういう意味では専決処分しない方針というのは歓迎すべきことですが、やはりルールづくりをしてから行わないと絶対にグズグズになりますので、今後はルール作りを議論していきたいと思っております。