明日の千葉を見つめて
活動日記
統一地方選挙後半戦最終日
11/04/23

 時間が経つのは早いもので、このあいだ告示されたと思ったら、もう今日が最終日で、明日が投票日となります。
 前半戦と雰囲気も変わり、自粛ムードもあまりなかったように感じます。ただ震災とは関係なく、ノー選挙カー→自転車遊説という流れを多く感じました。私が応援に行った候補者もこの雨の中、自転車で市内を駆け巡っておりました。
 
 さて、前半戦では、民主党惨敗的な報道がされていましたが、4年前と比較して、全体的に議席数をやや伸ばしており、決して惨敗ではないと思います。むしろ政党としての基盤ができつつあるではないでしょうか。実際に先の参議院選挙でも、1人区は自民党に負けたため、議員数という点では自民党に負けましたが、比例を含めた得票数では僅差なんですよね。あと最近感じることは、政党より人物で選ぶ傾向が強くなってきているような気がすることです。無党派層は、みんなの党や減税日本、○○維新の会に流れている傾向があり、共産、ネット、社民系はその割りを食ってしまっている感じです。
 
 ということで、明日の投票結果はどのようになるでしょう。昨年の参議院選から統一地方選挙前半戦までの一連の流れと同様の結果が出るのでしょうか。地方議会は政党を名乗らず無所属が多いので、分析手法も異なるでしょうし、評価はしにくいかもしれません。まあ、とにもかくにも、私の知人・友人の当選を心から祈っています。
 
 追記:今日、友人の選挙事務所に向かう途中、スーパーに立ち寄ったら、偶然にも某K市長が応援演説しているところに出くわしました。前々日のエントリで合縁奇縁と書きましたが、全国のあちこちで選挙をやっている中で、しかも微妙な時間帯にピンポイントで合うとは、本当にご縁があるのかもしれません。(笑)