明日の千葉を見つめて
活動日記
メルトダウン
11/05/13

 今日、東京電力が一号機において炉心溶融(メルトダウン)が起きていることを認める報道がなされました。昨晩、宴席でご一緒した方が福島原発はメルトダウンを起こしているんだから、その事実を認めないとダメだと発言されていて、隣に座っていた方がそんなことないよと否定をしてるようなやり取りを見ていましたが、その方が仰るとおり東電はメルトダウンを認めました。
 私も専門家ではないので詳しいことはわかりませんが、報道によれば、チェルノブイリとは方式が違うため、メルトダウン=大惨事とはならないようであります。ただ、ここまで実体把握が遅いのは非常に問題で、国民の不信感も益々高まるばかりです。
 どうも後手後手感が拭えず、全くこれまでの反省が活かされてなく、最悪の事態を想定していないのかと嘆きたくなります。もう「想定外」という言葉は聞き飽きました。
 起きてしまったことは仕方がありませんが、被害が広がらないよう、効果的な対策をしっかり執ってもらいたいものです。