明日の千葉を見つめて
活動日記
言われてみれば
11/05/25

 今日は、保護司会の定期駐在があったので、10時半からの千葉市町内自治会連絡協議会の総会に出席したり、JOHOちばのインタビューを受けたりするため、千城台コミュニティセンターと市役所を行ったり来たりしていました。保護司会の定期駐在は議長の仕事ではないので、当然公用車は出ません。まあ、私自身もそんなに公用車に乗りたいとは思っていないので、全然出ないことは構わないのですが、千葉市建設業協会の懇親会の会場でも、夜の千葉商工会議所青年部の執行部会議終了後にも、趣旨からするとおかしくないという意見が出ました。

 「公用車の趣旨は、あくまで議長の公務に支障がでないよう、事故や遅刻などを避けるためじゃないの?いくら公務じゃなくても、移動中に事故にあったら大変じゃん。しかも現職議長が事故に巻き込まれるのはともかく、事故を起こす側になったら大問題になるよ」と言われて、そういえばそうだなと妙に納得してしまいました。公用車を出すのはリスクマネジメントの一環なんだと思ったら、なんとなく堂々と公用車に乗れるような気持ちになりました。(笑)

 でも、なんだかんだで、ほとんど夜には通常の議員活動やJC・YEG活動が多いため、その場に送って頂けるものの、当然待ってもらえるわけはなく、帰りは自力で帰るしかない状態が続いています。ですので、できれば役所までは自転車で行きたいなぁと未だに思っています。運動不足にもなりがちですしね。

 とりあえず、今回頂いた意見で、元々公務でも公用車を使うことにあまり積極的でなかった私も公用車に乗ることについては納得いきましたが、さすがに公務外で乗るのはさすがに屁理屈に近いなぁと思いますので、今後も自力で帰りたいと思います。