明日の千葉を見つめて
活動日記
議会最終日
11/06/24

 本日で、平成23年度第2回定例会が終了しました。

 午前中は、一般質問で、2名の議員が登壇しました。通告内容は以下の通りです。

 松坂議員の一般質問で、市長答弁があったのですが、本来ならば1回目は登壇すべきところ、自席での答弁になってしまいました。私もうっかりしてました。

 

小田 求 議員(未来創造ちば)
 質問方法:一問一答(1回目から)
 
 1 東日本大震災を受けての今後の防災について
  (1)避難所の運営と耐震化について
  (2)災害時の情報伝達について
  (3)災害備蓄品について
  (4)災害時のトイレ対策について
  (5)放射能対策について
 2 PFIを活用したモノレールの延伸について
 3 新港横戸町線の渋滞緩和について
 4 千葉市主催のオペラ公演について


松坂 吉則 議員(自由民主党千葉市議会議員団)
 質問方法:一括質問

 1 行政の災害対策について
  (1)災害時の初期対応について
  (2)災害時の広報体制について
  (3)災害対策本部の体制と権限について
  (4)災害の復旧スケジュールについて
 2 都市計画高度地区の見直しについて



 午後から、委員長報告、討論、採決、追加議案提出、採決、発議提出、採決が行われました。

 採決結果は以下の通りです。議案第113~118号は全会派一致で、議案第112号は賛成多数(反対会派 共産党)で、議案第119号も賛成多数(反対会派 共産党、無所属)で原案可決、発議第6号は賛成少数(反対会派 自民、公明、未来創造、みんな、無所属)で原案否決されました。また、請願第3号及び第4号も賛成少数(反対会派 自民、民主、公明、未来創造、みんな、無所属)で不採択となりました。

 ちなみに、反対の理由は討論によると、112号は「市が法定外繰入をしていれば、40億程度の赤字で済んだ」「保険料が高すぎる→収納率が悪くなる」「連結実質赤字比率が上がる→市のイメージを更に悪くする」などで、119号は「震災対策がきっちり盛り込まれていない」「大型開発の見直しがされていない」「議会の審査が保証されなかった→継続審査を主張」「計画にメリハリがない」「行革の中身がない」「評価の方法がない」「3拠点(蘇我、中央、幕張)の戦略性がない」「子どもの参画だけが具体的すぎる」などでした。

 

議案第112号 (原案可決)

 専決処分について(平成23年度千葉市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号))(平成23年5月27日)

議案第113号 (原案可決)

 専決処分について(災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正)(平成23年5月23日)

議案第114号 (原案可決)

 平成23年度千葉市一般会計補正予算(第1号)

議案第115号 (原案可決)

 平成23年度千葉市下水道事業会計補正予算(第1号)
 
議案第116号 (原案可決)

 千葉市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について
 
議案第117号 (原案可決)

 千葉市幕張新都心文教地区建築条例の制定について

議案第118号 (原案可決)

 和解について

議案第119号 (原案可決)

 千葉市新基本計画について

発議第6号 (原案否決)

 千葉市公契約条例制定検討委員会設置条例の制定について

請願3号 (不採択)

 業者の住宅開発により住民が受けるいわれない不利益の抜本的改善を目指し、両者の話し合いを開始することを求める請願

請願4号 (不採択)

 「500㎡未満の小分け開発」により住民にいわれない不利益が生じないよう「開発行為に関する審査基準」の改訂を求める請願


== 追加議案 ==

議案120号 (原案同意)

 千葉市人権擁護委員の推薦について

発議7号 (原案可決)

 千葉市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正について

発議8号 (原案可決)

 千葉市議会政務調査費の交付に関する条例の一部改正について


== 意見書 ==

発議9号 (原案可決)

 公立学校施設における防災機能の整備の推進を求める意見書

発議10号 (原案可決)

 成人用肺炎球菌ワクチン接種への公費助成に関する意見書

発議11号 (原案可決)

 地方消費者行政に対する国の実効的支援を求める意見書

発議12号 (原案可決)

 東日本大震災からの復興に向けた大規模な補正予算の早期編成を求める意見書

発議13号 (原案可決)

 国民健康保険制度の抜本的改革を求める意見書

発議14号 (原案可決)

 電力需給対策に関する意見書