明日の千葉を見つめて
活動日記
明日は市原市長及び市議会議員選挙
11/06/04

 今回は、公務が多く、結局誰も応援に行けませんでした。お世話になった皆様、大変申し訳ございません。ご当選を心よりご祈念申し上げます。
 さて、何と言っても注目は市長選挙で、3選を目指す現職の佐久間隆義氏(64)(無所属)と、新人で元中学校長の松本靖彦氏(68)(無所属=自民、みんなの党推薦)の一騎打ちとなっています。
 現職の佐久間氏には、岡島一正代議士と民主党や連合系の県・市議が支援し、一方の新人松本氏には自民とみんなが初めて相乗りで推薦し、松野博一代議士の後援組織が全面的にバックアップ体制を執っていることから、岡島対松野の代理戦争との見方が広まっています。
 一般的には現職の方が有利と言われる市長選挙ですが、新人の松本氏は準備が遅かったものの、元校長としての知名度も高く、一方で佐久間氏は前回が無投票といいうこともあり久々の実戦ということで、いい勝負になっていると伺っております。
 自民党にとっても、民主党の支持が低いということを世間に知らしめるチャンスですから、かなりの攻勢をかけていると思います。
 明日の夜には大勢が決すると思います。私も注視していきたいと思います。