明日の千葉を見つめて
活動日記
京葉5市議会議長連絡協議会
11/07/19

  京葉5市議会議長連絡協議会とは、千葉市、船橋市、習志野市、市原市、八千代市のいわゆる中選挙区時代の旧衆議院1区内の各市議会議長を以て組織され、各市共通の問題処理、情報・意見交換等を行い、相互理解と親善を図ることを目的として昭和57年から発足した会です。幹事市は持ち回りで、今年度は千葉市が担当となっており、今日がその第1回目の定例会でした。
 当然、1回目ですので、23年度の運営についてがメインの協議でしたが、思いの外早く終わったので、各市との情報交換の時間を多くを費やしました。
 私の方からは「議会のあり方検討協議会」の取り組みについて報告させて頂き、各市からの議会改革の現状について報告やご意見を頂戴しました。特に船橋市さんでは、協議会ではなく特別委員会として取り組んでいると報告を受け、非常に興味を持ちました。
 今回、特に感じたというか、各議長さんから言われたことは、千葉市が近隣市に与える影響力は大きいのだから、よく考えて行動して下さいとのことでした。これはごもっともなことで、我々もキャピトルシティとしての気概と責任感を持って、事に臨まなければならないなと決意を新たにした次第です。
 いずれにしてもこのような意見交換会は非常に有意義ですし、ここで得たものを市政に反映させていきたいと思います。