明日の千葉を見つめて
活動日記
アナログ放送終了
11/07/24

 本日の正午を以て、東日本大震災の被災地の岩手、宮城、福島の3県を除いて、地上波テレビはデジタル放送に完全移行しました。まさに歴史的な日であると思うんですが、私が今日一日出ずっぱりでテレビを見てなかったせいか、いまいち盛り上がっていないような気がします。まあ、盛り上がる必要もないんですけどね。(笑)

 今更ながらですが、再度、なぜ地デジ化しなければならない理由を簡単に説明させていただくと、平たく言えば電波の有効利用を進めるためであります。アナログ放送よりも電波帯域が少なくなくて済む上、高画質・高音質に加え、データ放送など双方向機能も可能になっています。

 いいこと尽くめの地デジ化ですが、課題も多く残されています。まずは、100%になっていない普及率です。今後、未普及世帯への対応をどのようにしていくんでしょうか。当然、難視聴地域も対応こそはしてますが、期間に限りがあり、その後の対策も見えてきません。それから、空いた電波帯の跡地利用についてです。現在、携帯端末へのマルチメディア放送や高度道路交通システム(ITS)などが進められているが、いまだに全体像が見えてこないのが実状です。

 個人的にも、UHFアンテナ設置のみならず、ブースターの設置など、多額の投資をしたので、今後の電波帯の跡地利用についても有効に活用してもらいたいと思います。

 しかし、すごい先の話だなぁと思っていた完全移行日がこんなにあっさり来ると思いませんでした。まさに光陰矢の如し。一日一日を大切に過ごしたいと思う今日この頃です。