明日の千葉を見つめて
活動日記
市内スポーツをもっと盛り上げたい。
11/08/13

 習志野高校が9対3と快勝し、見事ベスト16に進出しました。習志野は甲子園での勝率が高いですね。本当に素晴らしいです。千葉県民として非常に嬉しい限りです。習志野高校が千葉市の高校だったらもっと嬉しいんですけどね。(別に習志野市と合併しろという意味ではありません。)
 実は、我が会派では、市立千葉高校が改築されるにあたり、千葉高校か稲毛高校のどちらかに体育科を設置すべきと要望をしてきました。というのは、野球だけを見ても、千葉市出身者は、巨人の小笠原道大選手、高橋由伸選手や西武の石井一久投手など一流選手が多く、サッカーでも元JEFで日本代表だった羽生選手や山岸選手など多数輩出しているにも関わらず、ほとんどの選手が市外の高校に行ってしまい、千葉市出身というイメージが薄くなっているからであります。いわば人材流出といった現状です。これまで「スポーツのまち千葉」を標榜してきた私にとって、この状況は非常に歯痒く感じており、何とかしたいと思っておりました。そういった中で、平成16年に千葉経済大学附属高校が昭和52年の千葉商以来の市内の高校が甲子園の代表になったことは非常に嬉しく、思わず甲子園まで応援に行ってしまったことは若気の至りですね。
 現在では、市立千葉高校は理数系、市立稲毛高校は国際教養とそれぞれの分野に力を入れており、野球では千葉経済大学附属高校、サッカーでは渋谷学園幕張高校と私立高校でスポーツ分野の強化に取り組んでもらっておりますので、この環境を継続したいと思います。その上で、お金の補助とか直接的な支援というのに拘らず、何らかの形で連携し、千葉市内のスポーツを盛り上げていきたいと思っております。その具体的な支援方法について是非皆様からも意見を頂戴できれば幸いです。

追伸:JEF千葉も快勝し、2位浮上!マリーンズは・・・うーん・・・もっと頑張れ!