明日の千葉を見つめて
活動日記
第8回議会のあり方検討協議会
11/11/02

 今日は午後1時半から、議会のあり方検討協議会が開かれました。
 今回から舞台を協議会から部会へ移します。その前段として、まず協議会で部会長の就任の報告をさせて頂きました。そして、各部会に分かれてもらい、副部会長の互選を行い、また協議会として集まって副部会長の報告をして散会となりました。その後、再度、部会を開催し、進め方や次回の開催日などを協議してもらいました。
 
 さて、部会について説明しますと、第1部会は議員の身分に関すること、第2部会は市民参加の推進に関すること、第3部会は政策立案・政策提言、監視・評価に関することの3つに分けております。それぞれ交渉会派から各部会に1名ずつ、非交渉会派及び無所属はぞれぞれ1名だけが各部会のどれかに属すように分散させ、6名+部会長の7名構成で議論を進めます。
 なお、委員長(私)と副委員長(奥井副議長)は部会に属さず、オブザーバーとして参加することになっておりますが、一応発言だけは認められています。

 初日の今日は、各会派が提出した協議事項において、優先的に取り組むことなど各会派の考えを出し合ったわけですが、私も第2部会と第3部会に顔を出し、いきなり具体的な事項から入らないようにお願いしてきました。具体的な方向性や目的が決まらないのに、いきなり手段から入るの避けてもらうためです。私が一番嫌なのは、他市がやってるからという理由だけで導入することです。これでは、仏を造って魂を入れないようなもので、やはり、千葉市議会には、どういう課題があって、その課題を克服すれば、こういう状態が達成できるというものを皆が共有してもらわないとやってることがブレてくると思います。遠回りになるかもしれませんが、是非そこはしっかりと議論してもらいたいと思います。

 次回は11月15日に各部会開催されます。