明日の千葉を見つめて
活動日記
議会運営委員会
11/11/24

 今日は11時から議会運営委員会が開催されました。

 まず、議案・発議の取り扱いについて協議されました。今回提出されているものは、市長提出議案が15件、議員提出発議が1件の計16件であります。市長提出議案の内訳は、専決処分が1件、補正予算議案が1件、条例議案が5件、一般議案が8件となっており、議員提出発議1件は条例議案となっています。なお、委員会別付託件数は、総務委員会が2件、保健消防委員会が2件、環境経済委員会が5件、教育未来委員会が5件、都市建設委員会が5件となっています。

 ただ議案161号「千葉市職員の給与に関する条例等の一部改正について」は、12月1日より条例施行が予定されていることから、開会日当日に委員会付託を省略して直ちに採決する運びとなります。この161号の条例改正案は、人事委員会勧告に基づき、医師を除く一般職の職員の給料を引き下げるもので、改定率は勧告通り0.13%の引き下げとなっております。なお、影響額は約3千8百万円とのことです。

 続いて、請願・陳情の取り扱いについて協議されました。請願は3件で、付託先は保健消防委員会が2件、都市建設委員会が1件となっております。陳情は5件で、付託先は全て環境経済委員会となっておりますが、その理由は、全て放射能対策に関する陳情となっているからです。しかも、提出者も前回の定例会で請願又は陳情を提出され、採択送付となった方々と同じとなっています。

 6日から代表質問が行われますが、通告者は7名、通告時間は5時間45分となっています。

 8日から一般質問が行われますが、通告者は22名、通告時間は12時間20分と前回より少なめで、若干持ち時間を余らせております。

 続いて、意見書・決議案について、提出会派から説明がありました。内訳は共産党が7件、公明党が4件、自民党が9件の計20件となっております。説明の後、質疑応答がなされました。この意見書・決議については次回の議運で協議することになります。

 最後に事務局より日程案の説明があり、議運は滞りなく終わりました。

 今定例会の会期は11月28日から12月15日までで、一般質問が予想より少なかったので、当初想定していた16日より1日早く終わりそうです。なお、会期については、本会議の冒頭に諮って正式決定することになっています。

 以上が本日の議運の報告でした。