明日の千葉を見つめて
活動日記
今日、明日はサッカー三昧
11/11/26

 今日から千葉市サッカー協会主催の「3.11 大震災支援 千葉市チャリティーサッカー大会25【フッコー】~パスをつなぎ 絆をつなぎ 支援の輪を広げよう つなぐ力の発信 in 千葉」が始まりました。今日の11時から明日の12時まで25時間ぶっ続けでサッカーをやって、皆さんから頂いた参加料の一部(というかほとんど)とバザーの売上、そして募金箱による募金を全て震災復興のチャリティとして使おうという企画です。24時間テレビのサッカーバージョンと考えて頂ければいいのではないかと思います。当初、どのくらいの人が集まるかと不安に思っていましたが、キックオフ時にはかなりの方々にお集まり頂いたので、ちょっと胸を撫で下ろしているところです。
 基本的なレギュレーションは以下の通りで、結構大まかな感じです。というのは、コンセプトが「サッカーを通して支援活動の継続の大切さと我々自身が大きな災害に遭った時の連携を大人も子どもも学ぶ機会とする」ことなので、とりあえず誰でも自由に参加し、協力し合いながら試合を進めていくことに意味があると考えたからです。

・10分以内×1本(全体の進行状況により時間を調整する。)*休憩3~5分を目安とするが基本的に休みがほとんどない。(自主的に)
・審判なし。
・大まかなルールは対戦相手と取決めて試合開始。*例えば、キーパー有無やオフサイド有無やキックイン・スローインなど
・基本的には全員参加とし、途中参加や退場も可能。
・人数に差があってもそのまま続行する。*1チーム8~10名にチーム分けする予定。
・キックオフ、終了は、同時とする。(笛)*試合開始の時間に相手チームが集まらなくて試合は開始する。

 私も参加したかったのですが、商工会議所青年部(YEG)の関東ブロックサッカー大会も古河市で開かれており、そちらの方へ参加するため、古河に向かいました。ところが道を間違えてしまい、合流したのは試合開始後になってしまったので、間に合わなかったというオチがついてしまいました。しかも我が千葉YEGチームは最下位。その後に行われたPK大会も何とか1勝して最下位は免れたものの、結果はあんまり芳しいものではありませんでした。私はまた地元での会合があるため、帰りましたが、聞くところによると懇親会での余興では圧倒的大差で優勝したらしいです。そのお陰で、平成25年度に千葉で行われる「全国YEGサッカー大会」のPRはできたので、よかったとしましょう。

 明日も当然午前中いっぱいまで25時間サッカーがあり、その上、歯科医師会さん主催のデンタルカップミニサッカー大会がポートアリーナで、さらにちば地域市民学会主催の「団子と串のまちづくりフェア」のスポーツ・健康企画でセルジオ越後を招いてのサッカークリニックがあるなど、今日明日とサッカー三昧の週末になりそうです。