明日の千葉を見つめて
活動日記
維新の会、圧勝
11/11/27

 注目の大阪市長、大阪府知事のダブル選挙は、維新の会の圧勝に終わりました。

 細かい分析については、今後ゆっくり行いたいと思いますが、これも一定の民意が現れた結果だと思います。国政を含め、我々他の地方自治体もしっかりこの結果を受け止めなければなりません。

 ただ一つ、今回の選挙を含め、選挙の常道として言えることは、ネガキャンはダメだということです。はっきり言って逆効果にしかなりません。ほとんどのメディアで見る平松陣営の演説内容は、橋下氏に対するネガティブな意見(特に人格攻撃)ばかりでした。選挙は他人がどうのこうのというよりも、自分が何をやりたいかということを主張する場です。ただ今回の場合は「大阪都構想」という降って湧いたような突然の争点によって選挙が始まってしまったので、どうしても受身の姿勢になってしまい、『死に体』状態からの反撃はネガティブキャンペーンしかなくなってしまうことは仕方がないと理解はできます。しかし、それが結局、「大阪都構想vs反大阪都構想」から、「改革派vs既存政党」という構図になってしまい、決定的な敗因につながったような気がします。また平松陣営も相乗りになったために独自の政策を掲げにくかったということも、政策で勝負しにくかったのではないかと推察します。戦いは相手の土俵に乗ったら負けです。ネガキャンを行うことは既に相手の土俵に上がってしまっているのです。

 いずれにしても、今回は維新の会が勝ち、有権者の意思が示されたわけです。今後の橋下氏の動向を注視して参りたいと存じます。