明日の千葉を見つめて
活動日記
仕事始め
12/01/04

 なんかあっという間に正月三が日が過ぎてしまったような気がします。皆様は年末年始如何お過ごしだったでしょうか。私は、結局、ゆっくりできなかったような気がします。

 さて、今日から仕事始めです。私もまず市役所に行き、仕事始め式の放送を聞いた後、打ち合わせを経て、事務局にて奥井副議長とともに、事務局職員に新年の挨拶をしました。
 挨拶の内容としては、大した話はしませんでしたが、「今年は世界的にもリーダーが変わる年で激動の年と言えます。我が千葉市議会としても益々議会改革が進み、事務局の負担も多くなるかもしれません。事務局職員の協力なくしては(改革は)なしえないので、共に頑張っていきましょう」という話をさせて頂いた次第です。

 その後、ホテルミラマーレに場所を移し、千葉市と千葉商工会議所主催の名刺交換会に出席してきました。私の仕事は鏡割りだけでした。
 実は、一昨年までの名刺交換会は、市長と会頭の主催者挨拶、来賓として千葉大学長の挨拶、そして、議長の乾杯の挨拶で、実際の名刺交換まで1時間以上かかっていました。昨年から、内容を簡素化し、主催者を代表して市長が挨拶し、会頭が乾杯するだけとなりました。そのため、名刺交換もゆっくりでき、結構多くの方が残っておりました。人数も昨年により多いという声も聞きましたから、この変更はうまくいったと言えるでしょう。

 このように時代に合わせて、内容も変えることも大事です。我々も見習わなくてはと思った次第です。