明日の千葉を見つめて
活動日記
議会のあり方検討協議会部会など
12/01/10

 今日から議会としての活動も本格化してきますので、徐々に正月気分を抜いていかないといけない感じです。

 午前中は来客対応、緑政課からレク、事務局との打ち合わせ、午後からは議会のあり方検討協議会の1~3部会がそれぞれ開催され、私は1と3部会にオブザーブ参加してきました。第2は少し顔出ししただけです。
 第1部会は、議員の身分(報酬や定数)について、前回の部会で宿題になっていた他都市の状況や議員と市長・職員との立場の違いなどの資料が事務局から事前に配布されており、その資料に基づき議論がなされました。しかし、議員の報酬や定数についてどのくらいが妥当かという指標がないため、議論は堂々巡りになりそうな感じでありました。とりあえず、次回までに「議員のあるべき姿」について部会の進め方や手法について会派の意見を取りまとめてくることで終わりました。
 第3部会は、結構具体的な議論に入っており、各会派から優先事項の高いものを2つ選んでもらい、そのうち複数会派が選んでいる「常任委員会の一問一答方式の導入」「予算・決算審査の見直し」を優先的に協議していくことになりました。
 前者については、千葉市以外の政令市は既に導入済みであり、これについてはすぐに決まりそうな感じです。論点になりそうなのは時間制限を付けるかどうかだけだと思います。
 後者については、以前の議会改革の積み残しで、現在行っている2分科会方式を常任委員会ベースの5分科会方式にして議論を深めようとするもので、これは各市全く違う方式を採っているので、これがベストという形式はありません。また、論点も多く、すぐに結論が出る感じではないですが、これは個人的にも思い入れもあるので何とか実現したいです。私は、今後の議会はチェック機能を高めるには、ある程度専門性を高める必要があると考えており、その一環として委員会重視で行くべきだと考えております。当然、予算や決算のチェックについてもじっくり審査するためにも常任委員会ベースにすべきだと考えています。ただ全体的なバランスも考えなければいけないので、そういった仕組みづくりも併せて考えていかなければなりません。これも次回までに各会派の意見をまとめて持ち寄ることになっています。
 次回の開催は、1月23日(月)で第1部会が10時から、第2部会が13時から、第3部会が15時半からとなっており、それぞれ傍聴が可能となっております。歯に衣着せぬ生の発言が結構聴けて非常に面白いので、都合がつけば是非傍聴してみて下さい。
 夕方は、新年会を2件ハシゴして今日の仕事を終えました。
 夜はJCの室会議がありましたが、メンバーがあんまり集まらなかったので、簡単な事務報告だけで、協議事項については来週に譲ることにしました。

 今日は、こんな感じでした。