明日の千葉を見つめて
活動日記
たまには
12/01/12

 今日も熱は下がりません。ということで、活動日記は休止して、たまには全く違う話題をしたいと思います。
 
 本日、サブロー選手の人的補償で高口隆行選手が読売巨人軍へ移籍することが決まったということで、ほぼ今シーズンの陣容が決まったと思うので、我らが千葉ロッテマリーンズの2012の展望について自由気ままに語りたいと思います。

 昨年のドラフトは、近年稀に見るほどの狙い通りのドラフトになったと思います。何と言っても1位指名を早々と公言していた藤岡投手を抽選の結果引き当て、外れ1位候補だった中後投手を2位指名、大学No1遊撃手の呼び声が高い鈴木内野手を3位で取れたというのは本当に大きいと思います。(4位で指名された益田投手について前評判を知らなかったのですいません。後で調べたら、大学から投手に転向したばかりで、4年の春にリーグのベストナインに選ばれるなど将来性は有望みたいです。)
 その他、補強したのは、まずなんと言ってもサブロー選手。これは補強といえるかは微妙ですが、マリーンズファンにとってやっぱりサブローは欠かせない存在ですから、嬉しい復帰であります。それに復帰によってどのようなケミストリーが起こるかわかりませんから、数字で表せない補強なのかもしれません。
 それから、なんと言ってもマリーンズの最大の課題は大砲不足。昨年のチームホームラン数がライオンズのおかわり君一人に負けてしまうくらいですから、ホームランを打てる大砲の補強は喫緊の課題でした。そこで白羽の矢が立ったのが前スワローズのホワイトセル選手。QVCマリンフィールドは独特の風によって、ライト方向のライナー性の打球は伸びますので、左打ちのプルヒッター向きと言えます。ホワイトセル選手は待望の左打ちの選手ですので、大いに期待したいところです。実はホワイトセル選手を見た記憶がないので、どういう打者かさっぱりわかりません。(笑)
 さらに、今月9日は前ジャイアンツのグライシンガー投手も獲得しました。最多勝の実績のあるグライシンガーは故障明けでも何とかやってくれるのではないかと期待してます。そういえばグライシンガー投手も元スワローズ。スワローズは助っ人外人の当たりが多いですよねぇ。羨ましい。

 これらの新加入選手を含めて、開幕オーダーを予想したいと思います。
  1 岡田選手(センター)
  2 伊志嶺選手(レフト)
  3 井口選手(セカンド)
  4 サブロー選手(ライト)
  5 ホワイトセル選手(DH)
  6 大松選手(ファースト)
  7 里崎選手(キャッチャー)
  8 今江選手(サード)
  9 鈴木選手(ショート)
 先発ローテが成瀬投手、唐川投手、グライシンガー投手、藤岡投手、ペン投手、渡辺(俊)投手で、中継ぎで伊藤投手、ロサ投手、古谷投手、内投手、ロングリリーフで小野投手、大谷投手、吉見投手でクローザーが薮田投手という感じでしょうか。投手については中継ぎ左腕の不足が一番の課題かもしれません。多分、去年の実績から山本投手、木村投手辺りが中継ぎ左腕候補でしょうかね。そこへ中後投手が絡んでくると夢が広がります。先発については、個人的に上野選手が好きなので、上野投手が先発に固定されるようなら、渡辺(俊)投手を中継ぎに回してみるのも面白いのではないかと思います。
 次に、打順とポジションですが、1~3番は去年の実績から言っても妥当なところだと思います。ポイントは何と言っても4番ですね。普通ならホワイトセル選手だと思うんですが、サブロー選手は4番での打率がいいイメージがあるので、「つなぎの4番」をもう一度再現して欲しい意味合いで4番にしました。で、守備もライトにしました。体調が万全ならまだまだいけると思います。
 5番はホワイトセル選手でDH。そして、意外な選択で大松選手をファーストで6番に起用してみました。どうも近年打撃不振に陥っている大松選手ですが、私はやれば出来る子だと信じているので期待を込めてスタメン起用です。ファーストの守備は始めたばかりなので未知数ですが、キャンプでバリバリ鍛えて欲しいと思います。
 7番の里崎選手も妥当だと思います。8番の今江選手については、本人は5番希望みたいな話を聞いたこともありますし、昨年の実績もありますが、下位で自由に打たせた方が活躍するような気がします。(本当はそれでは困るんですが。)
 そして、ショートに鈴木選手を起用してみました。個人的には塀内選手が大好きで、開幕スタメンをもぎ取って欲しいと思うんですが、やっぱり若手は使って育てた方がいいという判断で採用してみました。確か荻野(貴)選手は外野手に戻るような話もありますし、高濱選手も早坂選手も怪我持ちですし、ここは一発「ルーキーで勝負!」みたいな感じでいきましょう。(実績で言えば根元選手の可能性が高いですけどね。)
 この他、個人的には千葉県出身の清田選手には期待しているので、サブロー選手のポジションを奪って欲しいと思っています。ここに怪我から完全復帰した荻野(貴)選手が絡んでくると外野の起用が悩ましくなってきますね。荻野(貴)選手、岡田選手、伊志嶺選手のスーパーカートリオも見てみたいのはファンの誰もが思っていることでしょう。
 選手の体調が万全なら、ポジション争いも熾烈になりますし、その結果、成績にも繋がっていくのではないかと思います。2月1日からキャンプも始まり、我がマリーンズは本格始動しますが、まずは体調をしっかり整えて、今シーズンに臨んでもらいたいと思います。
 
 私自身、今年こそ石垣島に激励に行こうと思っていたら、既に公務が入ってしまいました。残念ですが、マリーンズの選手皆さんがキャンプで多大な成果が上げられることを心から祈っております。