明日の千葉を見つめて
活動日記
20周年おめでとうございます。
12/02/26

 今日は、千葉県商工会議所青年部連合会(県青連)の創立20周年記念式典が行われました。

 元々は昨年の7月2日(土)に行われる予定だったのですが、震災の影響もあって延期となり、今日の開催の運びとなりました。

 

 私も青年部(YEG)に入会して10年が経ち、その間、全国大会の実行委員長をやらせて頂いたこともあって、県内はもとより、全国に多くの仲間を作ることができました。今日も懐かしい仲間や先輩と会うことができ、本当に嬉しかったです。

 また、歴代会長もお見えになっており、紹介の映像がスクリーンに映し出されたのですが、ほとんどの会長と面識があることから、私も結構ベテランというかそこそこのキャリアになったんだなぁと実感した次第です。

 

 式典後、記念講演、祝賀会が行われたわけですが、記念講演では、オリエンタルランドの小林総務部長をお招きし、「東京ディズニーリゾートのゲストサービス」という演題でお話頂きました。

 実は、今回ご講演頂いた小林部長も全国大会で大変お世話になった方で、お互い、久々にお会いできたことを喜び合いました。

 今回の講演の中で、もっとも印象的だったのは、震災当日の対応についてで、TDRでは年間180回もの訓練をしており、2日に1回は、どこかで訓練しているとのことで、スタッフが冷静に対応できたのも日々の訓練の賜物なんだということなんだということがよくわかりました。

 ゲストサービスという観点で言えば、本当にTDRは最高峰ですので、行政も学ぶべきところは多いと思います。

 

 祝賀会では、先輩方によるライブ、また千葉YEGとしてはダンスパークでお世話になっている桑田研究会の飛び入り参加と大いに盛り上がりました。残念ながら、別の宴席もあったため、途中で失礼しましたが、本当に素晴らしい周年行事だったと思います。実行委員長をはじめ、スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした!