明日の千葉を見つめて
活動日記
副会長になりました。
12/04/30

 今日は初めて千葉市空手道連盟の総会に行ってきました。

 連盟の会長には、同じ会派の茂手木議員が就任しているのですが、副会長ポストがしばらく空席だったので、さすがに今年度は埋めたいということで、議員の中で探していたところ、空手どころか武道の経験者も少なく、困っていたようであります。また連盟としても若返りを図りたいという意図もあったことから、今回、私に打診があった次第です。さすがに今まで空手道連盟に対して何の貢献もしてこなかった私がいきなり副会長に就任することに抵抗はありましたが、少しでも空手道の発展に寄与できるならという想いから、受けさせて頂くことにしました。総会でも無事承認され、今後、連盟の発展、武道の振興に益々努力精進したいと存じます。

 さて、この空手界も人材の確保が難しくなっているようであります。子どもたちがサッカーや野球に流出してしまっているのではないかということですが、私自身は一番の問題として場の確保にあるのではないかと思います。先般も武道館の建て替えについて言及しましたが、空手も中心となる道場が理事長の道場ぐらいしかなく、そこも専門道場ではないので、柱が邪魔で8m四方の試合場が確保できないようであります。これですと選手の強化もままならず、県下で人口を一番抱える千葉市の連盟が県民大会で最近優勝できていない原因にも繋がっているのではないかと思います。

 千葉市の武道館を建て替えることで、即この問題がクリアできるとは思いませんが、今後の武道振興のためにも拠点整備は必要なものと考えます。

 いずれせよ、副会長に就任した以上、当然のことながら、職責をしっかり全うしていきたいと思います。