明日の千葉を見つめて
活動日記
最近、努力が足りない。
12/05/08

 今日は、昨年に引き続き、千葉大で講義を行いました。この授業は、「サッカーからマネージメントと地域連携を考える」というテーマで前期に行っており、サッカーに関わる様々な専門家をゲストティーチャーとして招いて講義をしているものです。

 前々回がセルジオ越後氏、前回が木之本興三氏というビッグネームの後ですから、学生も期待したと思いますが、いきなり千葉市のサッカー協会の会長で、しかもあんまりサッカーの専門家ではない人間だったので、学生も期待外れだったのではないでしょうか。(苦笑)

 とりあえず、めげずに今回もサッカーに触れつつも、スポーツを通じた千葉市のまちづくりについて熱く語ってきました!(テーマは「千葉市サッカーの現状」だったんですけどね。)

 でも、どこまで伝えることができたか疑問です。というのは、しっかりとしたレジュメやパワポなどの資料を作らずに臨んでしまったので、話が拡散してしまったりして、わかりにくくなってしまったような気がします。やっぱり講師として呼ばれた以上は、ちゃんと下準備をしないといけませんね。ちょっと緊張感や努力が足りなかったと反省しております。学生の皆様、本当にごめんなさい。今度こそは聞いてよかったなと思えるような授業をしたいと思います。