明日の千葉を見つめて
活動日記
政策PTと防災・危機対策調査特別委員会
14/03/24

 本日は、午前午後とも会議でした。

 政策条例策定体系プロジェクトチーム(略称:政策PT)もいよいよ最終段階に入ってきました。これまでの議論の過程と政策形成の基本フローについては、去る2月14日に開催された議会改革推進協議会(以下、親会)にて報告させて頂いたので、あとは最終的な報告書を作成することになります。その報告書作成にあたっての意見を募集しましたが、特段、何もないとのことなので、とりあえず私と事務局の方でたたき台案を作成して、次回のPTで協議していくことになりました。
 その後、継続協議となっている地方議会と大学との提携(連携)については、事務局から全国の事例を紹介して頂き、それに基づいて議論をしました。調べた限りでは、9つの議会が11の大学と協定書や覚書を結んでいました。特に徳島県議会は協定事業についてしっかり報告がされており、大変参考になったところです。この他にも単発で大学との連携をとっている地方議会もあるので、もう少しこの件については、調査をしていきたいと思います。ある程度の資料が揃いましたら、親会に報告し、本格的に提携に向けての許可が下りた時点で、具体的な話を市内の各大学に持っていきたいと思います。
 次回は、5月12日(月)10時からです。

 防災・危機対策調査特別委員会では、危機管理監から「地域防災計画」の見直しの最終案について説明がなされ、各委員から質疑応答となりました。これはあくまで災害対策基本法や水防法等の一部改正に伴って見直されたものですから、本市独自の取組みは特にはないのですが、これからこの計画に基づいて、各部門計画やマニュアルに反映させていくことから、いくつか要望をさせて頂きました。特に避難所の案内看板設置については市民に判り易いものを要望させていただきました。 
 次回は、5月8日(木)10時からです。・・・政策PTの日程と合わせればよかったと少し後悔しています。(笑)

 夜は、青少年相談員の打ち合わせを行い、来年度の収支予算と事業計画について話し合いました。