明日の千葉を見つめて
活動日記
2014年6月

精神論?!
14/06/27
 題名をご覧になってピンと来た人も多いと思います。

 昨日の朝日新聞や今朝の東京新聞に千葉市議会の記事が掲載され、私のところにもいくつか問い合わせが来ています。
 何の件かといいますと、請願第8号「小中学校・特別支援学校のすべての教室にエアコンの設置を求める請願」が不採択になったに関して、反対理由として「精神論」が取り沙汰されている件であります。

 事の発端は、ある方のTweetのRTが5000件を超え、当初ライブドアニュースに掲載されたことだと思います。その時は、事実無根として、特に抗議する必要なく、静観していようと思っていましたが、さすがにテレビや新聞で一方的な報道をされると影響も大きいので、こちらとしてもしっかり自分たちの主張を述べなければならないと思い、当ブログでもで書かせて頂きました。長文になるのでご容赦願います。

 まず、大前提としては、東京新聞の記事にもあったように、昨年の第4回定例会において、我が会派から「公立学校への空調設備導入に関する意見書」を提案し、議会運営委員会で全会一致になったことにより、委員長提案という形で意見書が提出され、可決成立しております。また、先般も我が会派の幹事団が市内選出の衆参両院の国会議員に対しても同様の要望活動をしていますし、市長へ提出する会派の要望書にも毎年掲載させて頂いております。つまり、我が会派はエアコン設置に関しては「推進」の立場を採っていることをまずご理解頂きたいと思います。

 その上で、何故今回不採択としたかといいますと、記事にもあるように、エアコン設置には、約76億円かかります。また、当然電気代もかかるので、現在の高熱水費に約8000万円(冬の灯油代やガス代を差し引いた金額)を加わえなければなりません。ここは国の補助はありません。当然、市単独でもやれないわけではないですが、恐らく現在の財政状況下ではせいぜい10校づつぐらいしかできなく、全ての学校に設置し終わる前に先に設置した学校の更新も始まってしまいます。(エアコンの耐用年数は15年と言われている。)さらに現在の補助制度でも基準単価が安すぎるので、実質6分の5は市で持ち出さなければなりません。つまり、予算確保の裏付けのないまま、実際に進めるのは難しいのです。
 今回の請願では、その財源確保策として、大型開発をやめれば回せると記載されています。どの事業を大型開発といっているのか判りませんが、例えば、これから整備予定の千葉駅西口再開発B工区では、特定事業者が再開発ビルや公園等の整備費用(約110億円)を捻出することになっており、市は都市計画道路千葉港黒砂台線上空に架設するペデストリアンデッキの整備費のみ負担予定で、概算費用として約3億円程度を想定しているそうです。その工事の際には国庫補助金等の導入を想定しており、その場合は4割補助となる見込みなので、市費は約1.8億円程度の導入となるの伺っています。このように、ほとんどの開発事業が国費と市債で賄っており、民間活力の導入を図るなど、経費の圧縮に努めているところであり、仮に中止したとしてもエアコン設置費用をここから捻出するのは難しいと思います。つまり、財源確保に関する考え方の相違が今回の不採択の大きな理由であり、共産党以外の全ての会派が反対しているのもこの部分だと思います。

 次にトイレの設置が優先とありますが、これも大きな誤解で、トイレだけを改修しているのではなく、校舎の老朽化対策、給食室のドライ化と合わせて、現在、トイレの洋式化・ドライ化を進めています。以前も壁の崩落があったように、子どもたちの安全確保のためにも校舎の老朽化対策は喫緊の課題です。

 以上のことから、総合的に判断し、我が会派としては不本意ながらも今回の請願については不採択という判断をさせて頂きました。

 最後に「精神論」の件ですが、これは我が会派の議員が自分の経験に基づき、そういう考え方もあるという一つの例を挙げただけに過ぎず、精神論を持ち出して我慢しろという意見は言っておりませんし、ましてやそれを反対理由にはしていません。
 ここ最近、マスコミでは政治家の一部の言葉だけは書き出し、批判や断罪をしておりますが、発言の自由を侵害しかねず、誠に遺憾であります。今回の件は事の発端も恣意的でありますが、マスコミが特に自民党だけが反対したような書き方をしていることにも恣意的なものを感じざるを得ません。まだ議事録は公開されていませんが、是非発言の全てを観てから判断して欲しいと思います。

 もう一点気になるのが、ご批判を頂いたメールの内容や電話などを見聞きしていると、どうも市が提案した予算案や議案を自民党が否決したと勘違いされているのではないかと思われる節があることです。仮に市が全教室にエアコン整備しようと予算も確保しているのに精神論を持ち出して反対したら、さすがの私も怒ります。お気持ちは十分わかりますが、これもマスコミの完全なミスリードであると言わざるを得ません。マスコミの表現に惑わされることなく、是非中身をしっかり確認して頂ければ幸いです。できれば、何故、他の会派も反対しているにも関わらず、「精神論」という一部の言葉だけを切り出して、さも自民党だけが反対しているような表現をするのか、ということも今一度考えて頂きたいと思います。

 以上、今回の報道に対して自分の想いを書かせて頂きました。多少行き過ぎた表現があるかもしれませんが、ご容赦賜りたいと思います。いずれにしましても、今後もエアコン設置に向けて、国や市に要望を続けていく所存ですので、益々のご指導ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。



はじめの一歩
14/06/24
 今日も一般質問が行われました。
 先般も申し上げましたが、私の一般質問を行う予定だったものの、監査委員に就任したため、慣例により通告を取り下げさせて頂きました。そのため、少し早く終わりましたが、明日の議会の対応等を協議したので、結局議会を出るのは17時半過ぎになってしまいました。
 なお、本日の登壇者は以下の通りです。

小松﨑 文嘉 議員(自由民主党千葉市議会議員団) 質問方法:一括質問
 1 窓口業務について
 2 生産年齢人口と住宅政策について
 3 マンホールトイレについて
 4 動物公園について
 5 稲毛区の諸問題について
  (1)道路問題について

阿部 智 議員(日本維新の会・結いの党) 質問方法:一括質問
 1 口腔保健について
 2 国民健康保険について
 3 保育所の運営について

岡田 慎 議員(日本維新の会・結いの党) 質問方法:一問一答(1回目から)
 1 外郭団体への天下りについて
 2 資金調達と運用について

白鳥 誠 議員(民主党千葉市議会議員団) 質問方法:一問一答(2回目から)
 1 地域包括ケアの推進について
 2 公園の管理・活用について

櫻井 崇 議員(無所属) 質問方法:一括質問
 1 市庁舎の建てかえについて
 2 幕張メッセについて
 3 知る権利と個人情報保護について ※取り下げ
 4 領土教育について
 5 動物愛護行政について
 6 花見川区の諸問題について
  (1)交通政策と道路政策について

 皆さん、それぞれの主張にらしさが出ていて、素晴らしい質問だったと思います。

 本日、夜に「縄文会(仮称)」にキックオフしました。これまで、加曽利貝塚については、特別史跡を目指し、市や教育委員会を筆頭に様々な関連団体がそれぞれ事業を行い、意識啓発等に努めてきましたが、正直、地域住民にすらまだまだ認知されていない状態で、より一層の仕掛けが必要になってくると思われます。
 そこで、これまでの団体とは別に、「加曽利貝塚を中心に若葉区を盛り上げること」だけを目的としたグループを作って、とにかく動き出そうという思いで、私の友人たちを集めました。
 まだ何をするかは決まりませんが、色んな話をしながらあっという間に時間が過ぎるほど、充実した会議となりました。次回は現地視察をしたいと思います。



監査委員に就任しました。
14/06/09
 本日は議会の人事が行われました。
 昼から断続的に幹事長会議が開かれ、ポストの割り振りを行ったのですが、今年は何も揉めることなく、スムーズに決まったため、一日で全ての役職が決定しました。
 その結果、総務委員長には我が会派の松坂吉則議員(副委員長は公明の伊藤議員)、保健消防委員長にはやはり我が会派のベテラン森茂樹議員(副は民主の段木議員)、環境経済委員長には公明の奥井議員(副は我が会派の秋葉忠雄議員)、教育未来委員長には民主の山浦議員(副は我が会派の植草毅議員)、都市建設委員長には我が会派の中島賢治議員(副は民主の麻生議員)、そして議会運営委員長には引き続き我が会派の川村博章議員(副は未来創造ちばの佐々木議員)がそれぞれ就任しました。
 なお、私は久々の総務委員会の所属となりました。
 この他、特別委員会の選任も行われ、大都市制度・防災危機対策調査特別委員長には我が会派の茂手木直忠議員(副は未来創造ちばの亀井議員)、少子高齢社会問題調査特別委員長には民主の白鳥議員(副は我が会派の岩井雅夫議員)、新たに設置された新庁舎整備調査特別委員会の委員長には我が会派の市原弘議員(副は公明の森山議員)がそれぞれ就任しました。
 なお、私は公明の川岸議員とともに、議会選出の監査委員に選任されました。ただこれによって残念ながら、歴代の監査委員は本会議での質問は行わないのが慣例になっており、通告していた一般質問は辞退することになりました。私の質問の一部は他の議員に託したいと思います。



梅雨の合間の・・・
14/06/08
 今日の若葉区は雨が多少パラつくこともありましたが、何とか大雨にならずに済みました。運動会やソフトボールなどの野外のイベントは早々に延期になりましたので、屋内のイベントに集中することができました。
 今日は特に私の父が主催しているチャリティカラオケ大会「ふれあい祭り」が若葉文化ホールで開催されたのですが、スタッフの方も雨が降らなかったおかげで、朝からお客様の出足がよく、盛り上がったと喜んでおりました。
 私も少しだけお手伝いさせて頂きましたが、こうして無事に17回も開催できるのも、スタッフの皆様、出場者の皆様、そして応援してくださる観客の皆様のお蔭であります。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
 来年も行いますので、よろしくお願い申し上げます。



まだまだ総会シーズン
14/06/07
 一昨日から梅雨入りした影響で午前中は暇になったので、サッカー日本代表の親善マッチ(vsザンビア)をテレビ観戦しました。仕事しながらだったので、しっかり観てませんでしたが、やっぱりアフリカ勢の独特のリズムはやり難そうでしたね。解説の方もしきりに日本を研究してますねぇと言っていましたが、パスコースもうまく潰されていて、日本のペースに持っていけませんでした。後半はザンビアの集中力(体力?)も切れ、逆転に成功しましたが、セルジオさんが言っていたように、課題も多く見えた試合だったと思います。この試合の経験を活かして初戦のコートジボワール戦に臨んでもらい、必勝を祈願します。

 午後から、倫理法人会の活力朝礼コンテスト決勝大会に顔出し、千葉市青少年補導員連絡協議会の総会、千葉県サッカー協会社員総会、月星会の総会に出席しました。まだまだ総会シーズンは続きますが、今日がピークですね。それぞれの団体で今年度も頑張っていきたいと思います。



第2回定例会が開会しました。
14/06/06
 今日から平成26年度第2回定例会が開会しました。会期は6月25日までとなっております。なお、24日の10時から私の一般質問を行います。
 まず、冒頭に、5月28日に開催された全国市議会議長会の定期総会において、年勤続議員の表彰と感謝状の伝達が行われたので、議場において伝達式が行われ、私は、在職15年の一般表彰と議長会の相談役としての感謝状を贈呈されました。
2014-06-07 07.18.53.jpg
 その後、大都市制度・都市問題調査特別委員長報告、防災・危機対策調査特別委員長報告、少子高齢社会問題調査特別委員長報告が行われ、市長と佐々木議員から議案・発議の提案理由説明が行われました。
 今回、市長から上程された議案は全部で19件で、その内訳は専決処分4件(補正予算2件、条例の一部改正1件、権利の放棄1件)、予算案2件(補正予算2件)、条例案8件(一部改正8件)、一般議案5件(財産の取得2件、議決事件の一部変更2件、損害賠償額の決定及び和解1件)となっております。
 市長の提案理由の説明はこちら(←クリック)を参照ください。
 終了後、それぞれの会派に分かれて議案研究を行いました。議案の説明については後日行いたいと思います。




こんなはずじゃなかった!
14/06/05
 今日は午前中に全千葉県私立幼稚園父母の会連合会の代議員会に参加してきました。今年から娘の幼稚園の保護者会の会長になったので、私も代議員になります。
 議事は、平成25年度の事業報告及び決算承認、役員選任、平成26年度事業計画及び予算の3議案で、スムーズな進行で全ての議案は可決承認されました。スムーズ過ぎて、講演会の開始が10分ほど早くなりましたが、結果的に功を奏しました感じになりました。というのも、講師の大豆生田(おおまめうだ)啓友先生が結構ノリノリで予定の時間をオーバーするぐらいの感じだったからです。
 大豆生田先生は、玉川大学教育学部の教授で子育ての専門家ですが、冒頭に自分の子育ての失敗談から入り、所謂専門家に多い上から目線からの講義ではなく、現場目線の講演だったので、お母さん方も頷きながら食い入るように聞き入っていました。
 演題は「いまどきの子育てに大切なこと」で、レジュメは『1 わが家の子育てから「こんなはずじゃなかった!」わが家の子育て』で、先ほどの言った失敗談から入りました。奥様からの「あんた、夜は遅く、土日にも帰らず、たまに早く帰って来たときは子どもを脇に抱えてテレビ見ているのが子育てだって学生に教えているんだ」という手厳しい一言に目覚め、第二子がストレス性潰瘍でNICUに入ったのをきっかけに「朝ごはんと夜泣きの対応を自分がする」宣言をしたために、仕事中に子どもを抱きかかえながらパソコン打つ羽目になり、相当イライラがたまった経験などを面白おかしく話してくれました。特に子どもに自分の乳首を吸わせた話は、周りのお母さん方はドン引きでしたが、司会者の方も私も経験しており、思わず頷いてしまいました。
 『2 いまどきの子育ての特徴―「サザエさん」時代とは違う現代の子育て』では、昔は大家族と地域で子育てしており、学ぶ場もたくさんあって勝手に学ぶという、謂わば放牧の時代だったが、今は核家族化、隣近所も少ない中で孤立しているという話。
 『3 あっくんのエピソードから―子どもがこんなにけなげに生きている―』では、あっくんという3歳児の日常をクローズアップし、子どもがどんな心理にいるのかを紹介し、『4 園生活で大切なこと―群れの中で育つことの意味(いまどきの家庭や地域の中ではできない経験が大切)』では、今は園生活が昔の環境の代替えをしており、子ども同士の中で学ぶ環境があるという園の重要性を訴えていました。
 『5 自己肯定感を育む―根っこを育てるということ』では、先進国の中で日本の子どもが「自分がダメな人間か」という問いに対して他国に比べて圧倒的に自己肯定感が低いというデータが出ており、自己肯定感を育むには、乙武氏を例に出し、褒めるのではなく、認めることの重要性を訴えました。
 『6 しつけストレスの時代のしつけ―コントロールする力を育む』では、よく育児本に書いてあるような「怒るのではなく叱る」というのは、人間なんだから実行することは難しく、イラっとするのは仕方ないけど、持続しないようにすること、皆も多かれ少なかれ子育てに悩んでいるんだから、無理にいい母を演じず、人間らしく子どもに接することを話して下さりました。
 『7 絵本を読み聞かせることの意味』では、となりのトトロを引き合いに出し、ファンタジーの重要さ、子どもは絵本の中身を自分に置き換えていること、そして読み聞かせることで愛情を実感するということを話して下さいました。
 そして、最後に『8 いまどきの子育てに大切なこと』で、「・自分らしさが充分に受容される経験(自尊感情の育ち)」「・直接体験を豊かに(多様な人・モノ・自然との体験)」「・知的好奇心を持つ体験を(わくわくするような体験)」「・想像力・創造力が育まれるような体験(絵本・表現・モノ作り)」「・親も自分らしく(自分の時間をハッピーに)」「・家族すること・ネットワークをもつこと」がレジュメに示されていましたが、さすがに時間がなく、親も自分らしくすることを再度強調して講演が終わりました。
 正直、最初、先生の風貌を見たとき、佐〇×内?!名前も四文字だし、胡散臭いなぁと思ってしまい、申し訳ございませんでした。非常に面白いご講演でした。
 講演終了後、お母さんたちと食事を採りながら、今後の打ち合わせをしてから、役所に向かい、一般質問に向けての当局との打ち合わせを行いました。
 夕方は、千葉東法人会の定期総会、懇親会に出席し、夜はQVCマリンフィールドで、LEDの新製品のチェックを行いました。最近の商品はやっぱりすごいですね。
 
 



今日もいい天気~♪
14/06/04
 ・・・って、歌いたくなるぐらいいい天気です。
 本日は午前中に6日から始まる第二回定例会で行う質問の趣旨を伝えるため、関係当局との意見交換を行い、昼間にフクダ電子アリーナで行われたシミズオクトさんの新製品の内覧会に行ってきました。
 茹だるような暑さに若干集中力が落ちそうな感じでしたが、しっかり説明は聞いてきました。

2014-06-04 12.26.48.jpg2014-06-04 12.29.47.jpg
 メインは、「Turf Master(ターフマスター)」という芝生専用の養生材で、100%オリジナルの商品です。もちろん他社さんの類似品はありますが、今回は材料から拘ったようです。この他、スタンドや展示会専用トラスの説明を受けましたが、一番のお気に入りは、「Alure Globe(アルレ・グローブ)」というオランダ製のオシャレテント(?)です。この暑い中に冷房の効いた最高の環境を提供してくれました。
2014-06-04 12.29.43.jpg
 これまでフクダ電子アリーナはサッカーやラグビーぐらいしか使えませんでしたが、これらの製品によって、コンサートやお祭りなど、色んなイベントに活用できそうで、幅が広がりそうな感じです。

 その後、加曽利中学校に行き、若葉区保護司会主催の「若葉区民の集い」に参加しました。今回は、桜林高校の松田副校長先生に講演をお願いし、その後、少林寺拳法や太鼓や書道のパフォーマンスを生徒の前で披露してくれました。このパフォーマンスは個々の演技ではなく、太鼓のリズムに合わせ、少林寺拳法の演武、書道のパフォーマンスを行うといった画期的なものでした。我々も大興奮でしたが、これを外国の方に見せたら非常に盛り上がるのではないかと思います。今度、国際交流課に提案してみたいと思います。

 夜は、倫理法人会のナイトセミナーで、著書「人生で大切なことは みんなマクドナルドで教わった」で有名な鴨頭嘉人さんを講師に迎え、熱いご講演を頂戴しました。
 残念ながら途中で失礼して商工会議所青年部(YEG)の理事会に参加し、終了後はオブザーバーで来られた藤沢YEGのメンバーとの懇親を深めてきました。



ようやくまとまりました!
14/06/03
 今日は、政策条例策定体系検討チーム(政策PT)が開催され、協議結果報告書のたたき台について協議させて頂きました。前回に頂いた意見を反映し、修正したものを提示させて頂きましたが、まだまだ共通の認識が持てるようなものになっていなく、少し話が戻りそうになりましたが、何とか少し書き方を工夫することで皆さんの理解を得られることができました。細かい修正は座長である私にご一任頂きました。
 ようやく次回の議会改革推進協議会(親会)で報告できそうです。長時間にわたり、ご議論頂いたPTのメンバーにこの場を借りて厚く御礼申し上げます。
 修正済みの報告書ができたら、ここでも紹介させて頂きます。




定数4減の上程が決まりました。
14/06/02
 今日は午前中に議会改革推進協議会が開催されました。
 議事は1件のみで、前回、正副委員長(正副議長)から提案された「議員定数4減案」について、各会派の意見を再度聴取しました。基本的には各会派のスタンスは変わることなく、共産党、市民ネットを除くすべての会派が正副議長案に賛意を示したことから、この議論を打ち切り、6日から開会される平成26年度第2回定例会にて上程されることになりました。これが可決成立すれば、千葉市議会の定数は54から50になり、中央区、花見川区、稲毛区、そして私の選挙区である若葉区の4区でそれぞれ1減となります。定数9が8になり、現職も引退予定はないことから、かなり厳しい選挙になることが予想されます。褌を締めてかかりたいと思います。



スポーツと音楽日和
14/06/01
 午前中は地元のソフトボールの試合に久々に8番セカンドでスタメン出場しました。途中交代をしましたが、1打数1安打1打点と今日は少し役に立ったと思います。しかし、チームは1点差で惜敗してしまいました。
 昼には、普段から親交のある松本卓也さんのランチライブ、その後2時からソプラノ歌手の松本薫さんの語り継ぎたい日本の歌というイベントに参加し、夕方からまちづくり千葉の総会、懇親会に参加しました。
 今日は天気も良く、文化の薫り高い、いい週末になりました。