明日の千葉を見つめて
活動日記
初勝利!!
14/09/02

 本日、我が千葉市議会スポーツ振興議員連盟野球部対千葉県議会議員厚生会野球部の因縁(?)の交流試合が行われました。
 我々野球部も復活してから、八千代市議会や緑ロータリークラブに勝たせて頂くなど、ようやく勝ち星に恵まれるようになりましたが、まだ千葉県議会チームには勝ったことがございません。実は県議会チームは非常に強く、全国大会でも優勝しているほどの実績の持ち主です。
 試合は、立ち上りを攻められ、いきなり4対0の劣勢でしたが、ピッチャーや野手も立ち直りを見せ、2回目以降はランナーを出すものの0点でしのぎました。そうなってくるとこちらも反撃ムードが出てくるもので、2、3、4回に一点ずつ加え、4対3に迫ります。しかし、5回の得点のチャンスがあったのに点数が入らないと流れは今度県議会に向かいます。エースである森議員(69歳)もさすがに5イニング目は疲労が残ったのか、少し打たれ始め、バックもエラーが出始め、気が付けば4点を入れられ、8対3と差が付きました。6回表も相手ピッチャーにピシャリと抑えられ、流れは完全に県議会チームペースと思いました。しかし、ピッチャーを岩井議員に交代すると相手も何故か打ちあぐねて無失点。少し反撃ムードが漂い始めました。7回表は、打者二巡の一挙9得点で大逆転。まさにメークドラマ。星稜高校アゲインです。7回裏に1点は返されるものの、ゲームセット。12対9で千葉市が勝ちました。
 勝因は、県議会チームの油断(主力選手を下げてしまっていた)と我々の諦めない気持ちです。スポーツはやっぱりハートだということを再認識しました。
 終了後、県議チームの懇親会を行いましたが、やはりスポーツを通じると会話も弾み、普段話す機会も少ない他党の議員とも親睦を深めることができました。
 こういうベースにしないと政策的な話し合いも本音でできないのではないでしょうか。
 議員の野球には賛否両論ありますが、このような効用がある限り、私は続けていきたいと思います。

 いやぁ、やっぱりスポーツはいいですね。