明日の千葉を見つめて
議会レポート


 今回の千葉市議会海外行政視察団はヨーロッパの環境行政、福祉行政、都市再開発、行政コスト削減政策、教育行政を学びに5カ国6都市10施設を訪問視察した。
 その内、環境行政視察だけでも、4施設あり、今回の主要な視察項目になっている。我々、市民自由クラブもこの環境行政視察に絞って報告したい。

 まず、はじめに訪問したのがデュアル・システム・ドイツ社(DSD社)である。設立当初は、ボンに在ったが、現在はケルン市に移転している。デュアル・システムとは、包装廃棄物の回収再利用のシステムである。
 我が国でも平成7年6月に「容器包装に係わる分別収集及び再商品化の促進等に関する法律(以下、容器包装リサイクル法)」が制定され、来年の4月には3 品目が加わり、10品目がこの法律に基づく分別収集の対象となる。このような時期だけに容器リサイクルの先進国であるドイツを視察できたことは、大変意義 深いものである。
 本国とドイツの違いは、容器廃棄物の処理責任を市町村でなく排出事業者に求めているところである。ドイツは我が国と同じく工業生産国であり、他のヨー ロッパの国々比べて、人口密度が高い。そのために1984年には、ゴミの処理能力が危機的状況を迎えてしまった。このままでは1990年代の半ばまでに は、ゴミの埋立場もなくなってしまうという報告があり、また当時はゴミ焼却に対する住民の反発が根強かった。そのためにゴミはリサイクルするしかなかっ た。
 なぜ一番最初に容器包装がその対象になったかというと、家庭から出るゴミの50%(重さで言うと30%)が容器包装ゴミだったからである。
 基本構想は当時の環境大臣であったトップファー氏が提案した。当初は、容器包装排出事業者が回収もやるという案だったが、容器包装排出事業者と経済団体 が、代替会社を設立するという提案をし、現在の形となった。この会社の株主(約600社)は、容器包装に関係する会社と一般のお店などであり、経済団体連 盟などが支援をしている。
 ここで注目すべき点は、行政からの補助金は一切ないということである。完全に独立採算性を採っており、損が出た場合は株主が責任を被る。
 では通常の民間企業なのかといえば、そうではない。通常ならば利益を追求するが、この会社は利益を求めない。ある意味NPOに近いものがある。
 この形態のメリットというのは、企業形態を採っているため、経済のシンボルになるし、当然損をしないために企業努力行う。そのために無駄な経費は削減される。利益を追求しないので、市民に余計な負担もかからない。こういったメリットがみられる。
 ただ、今回説明員をつとめてくれたビアリー女史も言っていたが、このシステムを成立させるのには、ドイツ人の国民性も大きく係わってくるということを書き加えておきたい。
 
 さて、運営資金はどのように賄っているのか。容器包装の大きさによって違うが、製造物にそのコストがオンされている。飲料水を例にとってみると、


グラスボトル 115.96g×0.15DM/kg =1.74pf
キャップ 2.26g×0.56DM/kg =0.13pf
プラスティック   6.28g×2.95DM/kg =1.85pf
トータル
=3.72pf
アイテムフィー(×0.60) 
=4.32pf
売り上げに乗じての還元(-9.5%)
-0.42pf
契約代金  
=3.90pf

 こういった計算方式で、飲料水一本当たりにコストをのっける。

 次に回収方法である。
 基本的にはガラスを白、茶、緑にわけ、紙は青いボックスに、その他の軽い包装容器は、黄色いボックスに入れるといった分別収集である。
 この中に入れて良いのは、DSD社と契約したグリューネ・プンクト(DER GRUNE PUNKT)と いうマークの付いた包装容器だけである。それ以外は、グレーのコンテナに入れ、これらの回収者は市町村である。これらは大きさによって料金が違うので、市 民は分別収集に協力するようになる。今後のDSD社は、黄色いコンテナの分別を全自動化し、より一層の経費削減をはかるそうだ。
 以上、DSD社の報告である。

 次に、マインツ市の清掃局である。
 マインツ市はケルン市の隣の市であり、人口20万の都市である。
 ここの清掃局も独立採算をとっている。この市では、このほかにも3つ(汚水下水処理事業・墓地事業・コンピューターセンター)が独立採算をとっている。運営資金は市民から直接取っている。だから市からの補助金はない。
 ここの清掃局の役目は一般廃棄物の処理である。産業廃棄物も収拾しているが、処理は民間に委託している。
 処理方法は様々だが、ここでも注目してきたいのは、市の事業を独立採算でやっていることである。日本では税金で賄っているため、どうしても使い先がわか らず、アレも税金、これも税金といった批判がよく聞かれる。今後は市民の意識向上のためにも、この独立採算というのは興味深い。実際ゴミを出すのにお金が かかるとなれば、ゴミの排出量も減ってくるだろう。このようにこの場では考えられた。 その他、プフシュラーク廃棄処分場、ウィーンでは、シメリング浄化 センターを視察した。
 プフシュラーク廃棄処分場は、埋立処分場であり、そこから出るメタンガスの活用法、安全性の確保を学んだ。本市でも、新内陸処分場を建設中であり、その安全管理、跡地利用について考えていかなければならない。
 シメリング浄化センターでは焼却施設を見学した。本市では、千葉みなと新清掃工場が計画中であり、ここでも今後の施設建設の考え方を学んだ。 今回のヨーロッパ環境行政について感じたことは、すべてが合理的であり、使えるものをすべて使うといった無駄の少ないシステム作りが出来ているということである。
 現在、景気低迷のなか、大変財源の確保が難しくなっている現在、今後いかに行政コストを削減できるかが課題となってくる。我々市民自由クラブも今回の海外行政視察の経験を生かし、市政に反映させていきたいと思う。




ご挨拶

 秋の色が次第に深まっていく今日この頃、皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は私の議員活動に対し、並々ならぬご理解ご協力を賜り、暑く御礼を申し上げる次第でございます。
 この度の9月議会では、私のはじめての総括質問をさせていただきました。はじめての質問ということもあり、大変聞き苦しく、拙いものでしたが、自分の考えを充分に述べられたと思います。
 今回の市議会レポートは、私の質問を中心に掲載しました。今後もどんどん市政に質問を投げかけたいと思いますので、千葉市の行政や地域の諸問題につきましてご指導賜れれば幸いに存じます。今後ともよろしくお願い申しあげます。

平成11年第3回定例会より

 平成11年第3回千葉市議会定例会は9月9日に召集され10月4日に閉会しました。9月議会というのは主に昨年度の決算と補正予算の議会になります。
 補正予算に関しましては、従来通り常任委員会に付託され、各所管ごとに審議されます。私は環境建設委員会ですから、環境局、建設局、水道局所管の補正予 算について審議いたしました。決算の認定につきましては、決算審査特別委員会が組織され、二つの分科会に分かれて慎重に審議されました。審議の結果が議会 に報告され、それを基に議会で採決します。今回のすべての議案は全員一致もしくは賛成多数で決議されました。
 印象としましては、改選後初の決算議会ということで、あまり議論が活発ではなかったように感じました。
 今回、私が質問したのは、この決算審査特別委員会の中の総括質問においてです。本来の意味ですと決算に関することをこの総括質問ではしなければならないのですが、今では一般質問と同じ位置づけで行っております。
 9月30日に私が行った総括質問の要約を掲載させていただきます。

総括質問

 1 高度情報通信社会における千葉市について
  ①基本構想について
  ②インフラ整備について
  ③CATVの活用について
  ④庁内LANについて
  ⑤千葉市のホームページについて
  ⑥情報教育について
  ⑦高齢者・障害者対策について
  ⑧防災対策について
  ⑨テレワークセンターについて
  ⑩行政サービスの向上について
 
 2 地域の諸問題について
  ①上水道の整備について
  ②道路・交通の問題について
  ③縄文の森計画について
  ④ちばリサーチパークについて
  ⑤コミュニティバスについて
  ⑥ゴミ処理について

主な質問と答弁

●『基本構想について』
  ここ数年の間におけるデジタル技術とネットワーク技術の進展により、我が国においても高度情報通信社会が実現されつつあります。このような状況は世界各国の規制緩和政策や情報ハイウェイ構想とともに、
 国際的な潮流をなしており、近い将来、従来の電話とテレビのサービスに加えて、パ ーソナルでかつグローバルになったコンピュータ・ネットワークとの多様な組み合わせによる統合的なサービスの利用可能な環境が整備されていくものと考えられます。
 このような中、今後、住民の日常生活においても、情報通信技術が密接に関係し、また、住民の行政サービス向上に対する要請も、ますます高度化・多様化す ることが予想されるとともに、地方の行政改革や地方分権が強く求められている状況も踏まえ、地方公共団体においては、こうした社会変化に適宜適切に対応す る必要があります。
 そこで、こういった状況の中、本市がこの情報社会に対応してくための基本姿勢をお伺いいたします。また千葉新総合ビジョンの中での位置づけはどうなっているのかお尋ね致します。
☆答弁(総務部長)
 千葉市総合ビジョンの原案では「第9部 参加と協働の社会を創る」におきまして、「情報ネットワーク都市の実現」を位置づけております。これを踏まえ、 本年度は誰もが高度情報通信社会の便益を享受できる「情報ネットワーク都市」の実現を目指して2010年を目標年次とする本市の情報化の基本計画策定に全 庁的に取り組んでいるところでございます。そのため、5月より学識経験者、情報通信の専門家、及び市民で構成する千葉市情報化推進懇親会を設置し、ご審議 いただいております。
●『庁内LANの整備について』
  いま政府は「行政情報化推進基本計画」に基づき、「電子政府」化を目指しております。そのために構築されたのが霞が関WANです。
  一方、現在、地方公共団体では庁内LANの整備が着々と進められている段階であり、一部の地方公共団体においては広域的な地方公共団体間ネットワーク の実用段階に入っているところもあります。今後、構築が進められている「総合行政ネットワーク」とは、これらを含めた三三〇〇の全地方公共団体との接続及 び霞が関WANとの接続も可能なネットワークとするものです。
 こうした状況の中、千葉市のLAN整備は急務となっておりますが、千葉市のLAN整備の計画は何処まで進んでいるのかお尋ねいたします。
☆答弁(総務部長)
  本市では、既に土木・建築積算システムや保健医療システムなど、業務系の部門LANを導入しておりますが、全庁的なLANにつきましては、導入経費や 維持管理経費、通信機器やネットワークの管理体制、ネットワーク利用の現行制度の見直し、データ保護やセキュリティ対策等、様々な課題があり、現時点で は、未整備となっております。現在策定中の情報化基本計画でも主要なテーマの一つとなっておりますので、これらの課題を精査するとともに、全庁的なLAN を整備するための行政情報ネットワークの整備計画の策定に取り組んでいるところであります。
●『高齢者・障害者の対応について』
 高齢化の進展や情報通信技術の発展等を背景に、高齢者・障害者の自立や社会参加等を可能とする手段として、情報通信の利用が注目されています。
 情報化社会においては、情報通信機器、システムやサービスの中に、高齢者・障害者の利用への配慮がなされていないものがあるため、高齢者・障害者にとっ て、操作が困難であり、サービスの内容がわかりにくい等の問題点が出てきています。千葉市では情報社会における高齢者や身体に障害を持つ方々への対応をど のようにお考えかお伺いいたします。
☆答弁(総務部長)
  今後、情報通信技術の進歩などを背景に社会全体の情報化が飛躍的に進展し、市民生活のあらゆる場面に情報機器が導入されると考えております。このた め、誰もが等しく情報を利活用できる環境を整備することが大切であり、中でも、高齢者や身体に障害を持つ方々が情報弱者とならないように簡単に使える情報 機器やソフトの普及促進、生涯学習の場などを利用して情報を利活用する能力を身につけていただくことなどが大切だと認識しております。
  また、高齢者や身体に障害を持つ方々が自立し、積極的に社会参加できる環境づくりは、社会全体のニーズとなっておりますので、これを支援するための情報化も重要と考えております。
●『テレワークセンターについて』
  テレワークには、通勤負担の軽減、仕事と育児・介護の両立、障害者・高齢者等の就業機会の拡大、地域の活性化、地球温暖化の防止等のメリットがあります。今後の都市機能を大きく変える可能性をテレワークセンターはもっているのです。千葉市としてこのテレワークセンターについてどうお考えかお尋ねします。
☆答弁(総務部長)
  地域の情報化を推進する上では、市民の情報活動を支援する観点が重要ですので、テレワークセンターの整備にあたりましては、情報リテラシー(利活用能 力)の向上を図るためのセミナーや講座の開催、情報化ボランティア等の市民活動の場の提供など、様々な機能を有する地域情報化拠点施設を整備し、この施設 にテレワークセンターを併設する手法も有効でございますので、拠点施設整備を検討する中で、併せて検討して参りたいと考えております。
●『上水道の整備について』
 現在、進められております「若葉北部地区簡易水道事業」の進捗状況と今後の見通しについてお尋ねいたします。また事業計画外の地域への取り組みもお尋ねいたします。
☆答弁(水道局長)
 本事業は、平成8年度に経営認可を取得、平成9年度は浄水場用地の買収及び施設の実施設計を行い、平成10年度から建設工事に着手し、平成11年度末に は更科浄水場の基幹施設の整備が完了し、配水管等の敷設延長での進捗率は、約40%となる見込みでございます。このことから、平成12年度には更科町、大 井戸町、下田町及び谷当町の4町に給水を開始するとともに、残る3町の配水管敷設工事については平成14年度の竣工を目指し、工事の終わったところから順 次給水する予定でございます。事業計画区域外の地域への取り組みについては、上水道の第3次拡張事業で整備する予定としております。しかし、拡張事業には 水源の確保が必要不可欠であることから、平成12年度に予定されている利根フルプランの改訂時に確保すべく、関係機関に要望しております。したがいまし て、土気地区及び泉地区に必要な水源を確保次第、第3時拡張事業を進めて参りたいと考えております。
●『道路交通問題について』
 県道浜野四街道長沼線について2点質問がございます。国道126号とぶつかる宮田交差点でございますが、ここを正交差させる考えはあるのかお尋ね致しま す。もう一点は、大井戸町のカーブでございますが、ここの問題を解消するため、バイパス道路を事業中のようですが、現在の状況と今後の見通しについてお尋ね致します。
☆答弁(建設局長)
 宮田交差点では国道126号に川井町方面からの県道浜野四街道長沼線が鋭角かつ急勾配で取り付いているため、東金方面への車両が出ることが困難となっているために渋滞・事故等が生じているものと考えられます。この改善には交差点の改良が必要であると考えておりますが、構造が複雑でありますので、県道の改良と合わせて調査研究して参りたいと存じます。また、大井戸町カーブでございますが、狭隘で急カーブのため、大型車両のすれ違いに際し、困難をきたしていることは認識いたしております。このため、延長1,000m、幅員14mのバイパス道路を計画し、平成8年度から用地買収に着手いたしております。全体用地買収面積15,226㎡に対して平成10年度末で8,034㎡、52.8%の進捗状況でございます。工事につきましては、今年度から橋梁の下部工の一部について着手し、平成15年度の完成を予定いたしております。
●『ゴミ処理について』
 私がいま一番心配しているのは、廃棄物の不法投棄に対してであります。一口に不法投棄と言いましても、規模は大小様々ですが、住民の皆様も心配しているのは、大規模で地下水汚染等害が心配されるようなモノです。そこでお尋ねいたしますが、現在若葉区にはそのように不法投棄されている場所は何箇所あるのでしょうか。また、建設廃材等で直接害は少なくとも量的に多ければ、住民にとっては不安ですし美観上からも大変迷惑だと存じます。これらの不法投棄物に対する今後の対応についてお伺いします。
☆答弁(環境管理部長)
 建設廃材等の産業廃棄物が多量に投棄されている箇所は、現在、若葉区内において3箇所を確認しております。その3箇所につきましては、いずれも市の再三にわたる指導にも拘わらず不法投棄されたもので、その内2箇所については実行者が逮捕れており、現在、千葉県警と協力して排出経路等の調査しております。残る1箇所につきましては、市による排出経路等の調査に基づき、排出事業者に対し、指導を行い、現在、撤去作業が進められています。次に、不法投棄された産業廃棄物の今後の対応については本来は実行者に撤去させるべきでありますが、実行者が逮捕されたり、所在が不明となるケースもあり、このような場合はゴミの中から排出者が確認できる物件を探すなど廃棄物の経路を調査し、排出事業者や運搬業者などに対して排出相当量の撤去を指導しているところです。 
 いづれにしましても、不法投棄につきましては、未然に防止することが肝要であると考えておりますので監視パトロールの強化に努めるとともに、近隣住民の方々にご心配を与えないよう鋭意努力して参りたいと存じます。

緊急告知

第1回後援会旅行のお知らせ

 この度、後援会の皆様とより一層親睦を深めたく、また会員相互の親睦も兼ねまして、下記の通り後援会旅行を計画いたしました。
 ご多忙中とは存じますが、皆様お誘い合わせの上、ご参加下さいますようお願い申しあげます。

日程      : 平成11年11月28日(日)~29日(月)
宿泊先      : 那須塩原温泉『ホテルニュー塩原』
会費      : 20,000円
(振り込み先)
口座名     小川としゆき後援会
口座番号 千葉銀行 千城台支店(普)3260447
申し込み・お問い合わせ

千葉市議会議員
 小川としゆき後援会事務所
事務局  TEL 043-232-1435
     FAX 043-233-0865
担 当 :石 出・小 迫・町 田




残暑お見舞い申し上げます

 厳しき暑さが続いておりますが、ご健勝でご活躍のことと拝察申し上げます。日頃より私の議員活動へご理解とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
 皆様のお陰で千葉市議会議員として議会に送っていただき、早三ケ月が経ちました。その間、臨時議会、定例議会、委員会視察等様々な経験をさせていただきました。
私が議員を目指すにあたって、まず最初に取り組みたいと思ったことが皆様に少しでも政治に興味を持っていただきたい、開かれた議会というのをつくりたい、 といったことです。この度、少しでも多くの人に興味を持って頂けたらと思い、この議会報告を作成した次第です。私自身、勉強不足で到らぬ点が大ございます が、一生懸命取り組んで参りますので、ますますのご指導、ご鞭撻の程宜しくお願い申しあげます。
 時節柄、ご自愛のほどお祈り申し上げます。

平成11年第1回臨時会より

 平成11年第1回千葉市議会臨時会は5月20日に召集され、21日に閉会と2日間だけ開会されました。この臨時会というモノは、一般選挙後に行われるもので、基本的に議会内での役職を決める議会です。
 ですので、メインとなるのが議長・副議長の選出です。各会派ごとにかなりの政治的駆け引きを行いますので、長いときには深夜に及ぶときもあるそうです。 今回は、与党第二会派である市政会が分裂したため、異例の早さで議長を選出することが出来ました。その他、常任委員、議会運営委員、各種特別委員等の選出 をいたしました。
 またいくつか議案が提出されましたので、審議いたしました。可決された議案は次の通りです。
◆    ◆
◇議案第67号 先決処分について
◇議案第68号 先決処分について
◇議案第69号 千葉市監査委員の選任について
◆    ◆
 議案第67号は、平成10年度一般補正予算において、障害者更正相談所整備事業などの起債対象事業費が増額になったことに伴い、市債を増額し、あわせて 土地開発基金繰入金を減額する歳入予算の変更及び地方債の限度額の変更を行ったものです。議案第68号は、地方税法の一部改正に伴い、個人の市民税の所得 割税率及び市たばこ税率を改定するほか、所要の改正を行ったものです。両議案とも事後承認ですので、委員会付託をせず、起立採決にて決しました。議案第 69号は中野弘議員と稲垣昌彦議員を千葉市監査委員に選任するもので、全会一致で可決されました。

平成11年第2回定例会より

 平成11年第2回千葉市議会定例会は6月10日に召集され22日に閉会しました。初めての定例会ということで、大変緊張しました。今まで議会の流 れというものを知らなかったので、見るものすべてが大変いい経験となり、これからもっと勉強していかなければならないと実感いたした次第です。
 会期中の流れというのは以下のようになります。まず今回上程される議案について理由を説明します。その後、各会派ごとに議案研究を行い、細かい説明を受けます。そして議案内容によって各常任委員会で審議されます。その他、誓願なども各常任委員会で審議されます。
その結果は最終日に報告され、討論、採決となります。この流れの間に各議員による市政に関する一般質問が行われるといった感じです。今回、この一般質問で 多く取り沙汰されていると感じたのは、来年四月に施行される介護保険についての質問と清掃工場の建設を含む環境関連についての質問です。今後もこれに関連 する質問が多くなって行くでしょう。
今回可決された議案は次の通りです。
◆    ◆
◇議案第70号 平成十一年度千葉市一般会計補正予算(第1号)
◇議案第71号 千葉市吏員退職年金等に関する条例の一部改正について
◇議案第72号 千葉市介護認定審査会の委員の定数を定める条例の制定について
◇議案第73号 日本体育・学校健康センター共済掛金徴収条例の一部改正について
◇議案第74号 千葉市青年館設置管理条例の一部改正について
◇議案第75号 千葉市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について
◇議案第76号 千葉市消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について
◇議案第77号 土地の取得について(千葉市新港清掃工場(仮称)の用地)
◇議案第78号 工事請負契約について(千葉市新港清掃工場(仮称)プラント設備工事)
◇議案第79号 市道路線の認定及び廃止
◇議案第80号 人権擁護委員の推薦

委員会視察より

 私はこの度、環境建設委員に選任されました。環境建設委員は文字通り、環境局と建設局に関わる事件を審査するものです。その環境建設委員会で7月26日から28日の2泊3日の日程で倉敷市と福岡市を視察して参りました。視察項目は次の通りです。
◇     ◇
(倉敷市)
①自然環境保全基本計画について
②子供エコクラブについて
③環境監視センターの概要について
④親水施設について
(福岡市)
①緑のプロムナード整備について
②コミュニティ道路整備について
③埋立処分場の跡地利用について
④エコパークゾーンの整備について
⑤清掃工場におけるダイオキシン対策について
⑥保健環境研究所について
◇     ◇
今回特に感じたことは、私自身あまり千葉市の現状を把握してないことです。もっと我が市の施設等も視察し、勉強しなければならないと痛感いたしました。ここで学んだことを少しでも多く我が市に役立つよう、これから頑張っていきたいと思います。